水性塗料の特徴について

2023/06/15 コラム

塗料は、油性塗料と水性塗料の大きく2種類に分類されます。
しかし、これらがどのような特徴を持つ塗料なのか詳しく知らない方も多いでしょう。
そこで今回は、水性塗料の特徴やメリットについて解説します。
▼水性塗料の特徴
塗料というと、シンナーなどの溶剤が多く含まれているのが特徴です。
しかし水性塗料には溶剤が含まれておらず、主成分が水でできています。
そのため以前は塗料としての品質が問題視されていましたが、近年は油性塗料と並ぶくらいの耐久性や仕上がりを実現しています。
これらの特徴から、以前は油性塗料が主流でしたが現在は水性塗料の需要が増しているのです。
▼水性塗料のメリット
■嫌な臭いが発生しない
油性塗料は溶剤が含まれているため、独特な臭いを発します。
一方、水性塗料には溶剤が含まれていないため嫌な臭いが発生しません。
■溶剤中毒の心配がない
油性塗料に含まれているシンナーは、臭いを吸うことで体調不良を起こすことがあります。
しかし水性塗料にはシンナーが含まれていないため、溶剤中毒を引き起こす心配はありません。
小さな子どもやペットがいる家庭でも、安心して使用することができます。
■保管が楽
油性塗料はシンナーが含まれているため、保管に気をつけなければなりません。
一方、水性塗料は主成分が水でできているため保管が簡単です。
▼まとめ
水性塗料は溶剤が含まれておらず、主成分が水でできているのが特徴です。
またシンナーが含まれていないため、嫌な臭いが発生したり溶剤中毒の心配がありません。
さらに、油性塗料と比べて保管が簡単なのもメリットと言えるでしょう。